.

外国為替証拠金取引(FX)をやる面白さは一つの投資の商品であるのですが、資金投下の期間を短・中・長という3つの期間からどの種類をセレクトするかということによって資金を費やすやり方がまるっきり変わってくることにあると言われます。ビフィーナ

最初は外貨への投資の「長い時間をかけるスタンス」に関して詳しく見てみよう。亜麻仁油 アトピー

長期投資というのは、一年以上の長期投資を想定しています。秘密の通学電車

普通は為替においては、一年以上も後の為替のレートが円高と予想するか、それとも円安かを推測するのは、たいていの場合困難に近いです。

通常なら「そんなに先の動きは未知数です」というのが本音でしょう。

未知なことをがんばって予測しようと思ったところで、そんなことは無意味なことなのです。

ですから、外国貨幣を買ったとして、その時点での価値よりも円が高くなったとしてもその差損分は待っていれば円安に戻るはずだという軽い感じで売買に臨むことが大事です。

為替差益を一生懸命に求めるだけでなく、その他の儲け、つまりはスワップポイントで稼ぐことをとりあえずの目的にしてやってみましょう。

当たり前のことですが、短期間で為替の差損に損失が非常に大きく膨らむこともあります。

よって、こういうケースのようなマイナスが大きくても耐えられるように、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を最小限でやり取りすることがポイントです。

外国為替証拠金取引は損が一定額よりも大きく大きくなると、追い証が出て来たり損切りになってしまったりします。

損切りを置いたら早くやり取りを決済せざるを得なくなり、長期投資はストップします。

例のような危険を回避するためにはレバレッジ2?3倍に設定して取引するのが良いと思います。

第二に中期スタンスでの売り買いについてです。

中期の場合1?2ヶ月位経った頃を予測してのトレードであります。

為替のトレードの際、およそ1ヶ月ほど先のことであれば、だいたいの場合想定可能なケースが多いでしょう。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)を始めとした国同士の集まりであったり、マーケットで取引している人たちがどのようなポイントに着目しているかを考えてみれば、そこそこ推測できるのです。

こういったファンダメンタルズをチェックしつつチャートを確認することによって為替の相場の動きを把握し、買いポジションか売りポジションかを判断するのがいいでしょう。

基本的に経済の状態とテクニックのどちらでも良い状況であり、あるいは買いが同様の時は、だいだい予想通りに変動すると考えて良いでしょう。

その時は持ち金を増やしておけばより大きな儲けを期待できると思います。

第三に短期のスタンスのポイント。

ここでいう短期のトレードとは言い換えれば日計り取引を示しています。

為替市場でデイトレードを行うには、経済の状態は影響しないと思います。

なぜかというと次の日の為替相場の動向に経済情勢は絡んでいないからです。

この時の、コツは目立った出来事がある際、そのおかげで為替レートがかなり変化するチャンスを見落とさないようやり取りしましょう。

例を挙げると米国にて雇用の情勢が発表される、それとも金融会議などで金利が変動するような出来事。

このような一瞬の変動をものにするというわけで、短期トレードは多種のデータが必須となる。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.quickpoint.biz All Rights Reserved.