.

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを売り買いして儲けを生む商取引です。価格は、二十四時間変化しています。それが為替です。ラジオを聞いていると、通貨のマーケットの情報が流れます。見かけるのが、「現在のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表示しています。つまり、FXには買値と売値の2つの値段が存在するのです。売値、買値ではなくビット、アスクと提示しているFX取引会社もあります。いつもは買値よりも売値のほうが小さく決定されています。買値は高く、売値は低くなるのです。その差額をスプレッドといいFX業者の儲けのひとつといわれています。スプレッドの広さはFX取引会社によって異なります。スプレッドの幅はみなさんにとって手数料になるので、小さい業者をピックアップしたほうが有利です。ただし、同じ業者でも局面によってはスプレッドは拡大したり、縮小したりします。仮定として円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドの差とは言っても、市場の動きがとても大きい状態では1銭よりも大きくなる事があります。という訳で、スプレッドが狭いのと同じくらい、固定しているということが重要です。近頃では動かないスプレッド幅を見せるFX業者も存在します。実際に取引会社の取引画面の上で現実のマーケットを見なければわからないので面倒ですが重要な事です。貴重な資金を預けてエントリーをするのだから、注文の前に、関心がある業者の取引口座開設をして、スプレッド幅を知っておきましょう。同じ外貨でもその場面での外国為替市場のボラティリティによって外貨のスプレッドは変わることがあります。通常、インターバンクマーケットで取引高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが狭く、あとのペアではスプレッドの広さが広がるのが一般的です。

Copyright (c) 2000 www.quickpoint.biz All Rights Reserved.