.

FX(外国為替証拠金取引)の面白さは、単独の投資の商品であるのに、投資期間を「短期」「中期」「長期」のどの種類を選定するかということにより出資の方法が異なるという部分にあるのです。まず外貨に対して投入する「長い時間をかけるスタンス」を考えてみよう。長期投資というのは一年以上の出資期間を基本にしているのが通常です。一般的に為替においては一年も先々の為替レートが円高か、もしくは円安かを推測するなんてことは、多くは難問なはずです。現実的には「それほど後々の動きは考えられない」と考えるのが普通なのです。未知なのにがんばって予測しようにも、そんなことは意味のないのです。したがって、外貨を買った場合、その時点での買いレートよりも円高に変動したとしても、いつか戻ってくるはずだくらいの気持ちで向かうことが必要です。為替差益を積極的に大きくすることに限定せず、別の儲けスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げるというのをまず最初のターゲットということにしてやりましょう。当然ですが、少しの間に為替変動の損がかなり膨らんでしまうこともあります。そういう訳でこんな損が大きくても耐えうるよう、レバレッジをなるべく少なめに取引する心がけは必要です。FXは、損がある金額を上回って拡大すると、追い証(追加保証金)が必要になったり、もしくはストップロスになったりします。損切りになったら、そこでトレードを決済しなければならず長期のトレードはできなくなります。このような危険を回避するためにはレバレッジ2?3倍にして取引するのが良いと思います。次は中期投資の場合のトレードを考えてみましょう。中期の投資の場合は一番長くて1?2ヶ月くらい先々を予想しての売買を行います。為替取引の時は、だいたい1ヶ月ほど後のことであればある程度、先読みしやすいと言われます。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)等のミーティングの話題為替市場参加者がどのようなところに注視しているかを調べれば、だいたいの場合見当がつくでしょう。ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見る一方、グラフを見ることによって、為替の相場の動きを把握し、売買を見定めるのがベストです。基本的に経済の基礎的条件とテクニックの両方で良い状態であり、もしくは買いが同じであれば、ほとんどその通りに変動すると思って良いのです。その場合持ち金を増やすとより多くの儲けをもらえるのはほぼ間違いないでしょう。3つ目に短期のスタンスのポイント。ここでいう短期のスタンスが示しているのは、言わばデイトレードを意味しています。為替相場でデイトレを行う際、経済の状況はいっさい影響しないと思います。なぜなら翌日の為替相場の変動に経済の基礎的条件は反映されないからです。この時の、最大のカギは目立った催し物があることでそれによってレートがかなり動く機会を待ってやり取りしましょう。例を挙げると、アメリカ合衆国において雇用者の統計が発表される、ないしは金融政策などで制作金利が変動するほどのこと。こうしたチャンスに変移を捉えるとの意味から、短期トレードは技術的な要素が必須になる。

Copyright (c) 2000 www.quickpoint.biz All Rights Reserved.