.

為替への介入という言葉をご存知でしょうか?日本銀行が介入して新聞記事、雑誌、テレビ、グーグルなどの報道で見た人もたくさんいると思います。元来為替介入は我が国においては、◯財務大臣が円相場の安定化を実現できるように用いる措置と考えられています。要は、かなりの円高・円安になると財務大臣の言いつけをもとに日本銀行が日本円を売買することで為替相場の安定化を狙う、といったことです。為替介入(外国為替市場介入)はいくつか方法があります。1.単独介入・・・行政や日本銀行が、東京市場において積極的に市場に加わり外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の銀行などが相談し、それぞれの通貨当局の資産を使って一緒または断続的に外国為替市場介入(為替介入)を実行していく。3.委託介入・・・外国の銀行などへ向けて為替の介入をお願いする。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の銀行などに代わり為替介入(外国為替市場介入)をする。このように種類です。どの方法の為替介入もその場、当面為替の市場に多くのインパクトを与えるはずです。為替介入(外国為替市場介入)のお金は当然のことですが自分の国の威信をかけて行なうのですからスケールが大きいです。円を基本にみると、いつもは数銭単位で変化している円相場が急に数円単位の変化をします。個人で投資をしている方でしたら一回くらいは体験していると推測できますが、そこまでは順調に含み資産(または損失)が増えている保有高を持続していたのに、キープしている保有高が決済したとの報告が外為の会社よりEメールが。いくらくらい利益が出たのかな(赤字になったのか)?と思いながら決済された通達を確認したところ自分が想像していたのとは真逆の状況になっていて驚いたといったパターンがありました。為替介入(外国為替市場介入)が実施された際によくある話です。以上のように為替介入(外国為替平衡操作)が施行されると、為替の市場の動向と真逆の変動をすることがわかりました。まして動く額の大きさはものすごく大きく大幅に変化しますので注意が必要なのです。

Copyright (c) 2000 www.quickpoint.biz All Rights Reserved.